ちょっと嬉しかったこと

11月末の雨の降りしきる夕方、会社の前がざわざわしておりました。

それは、一台の白い車が前の道路側溝に前輪を落として動けなくなり、どうこう議論の真っ最中だったからです。

帰社した社員が何とか力を合わせ持ち上げようとしていたが、どうも車に掴む所が無く難儀をしておりました。

帰宅時間なので車も多く通っていました。

ジャッキで前輪を浮かせ道板をあてがい何とか危機を脱することができました。

事務所にいた社員が皆ぞろぞろと参加し(野次馬も含む)、手を貸してくれた皆の心意気にちょっと嬉しくなりました。

お礼のお手紙もいただきました。

本当はすごく嬉しかったのですが。

 

 

お手紙


リ・ゼネレイト

「温故創新」
積み上げられた経験や技術のノウハウを礎に、更に新しい風土を引き起こし生みだしていくという姿勢。