ハーマン社ペレットストーブ取り扱いはじめました!!

アメリカハーマン社製のペレットストーブ

1月、京都に行った際お店で燃えていたストーブです。

外観は鋳鉄製で殆ど薪ストーブと間違えるほど。

能力も高いので広い部屋に対応します

近くに寄ってみると炎の幅も広いし、ズッシリと部屋に鎮座する。

薪ストーブを何らかの理由で設置できなかった方、充分満足するレベルではないでしょうか。

           大きな炎があなたの好奇心を充たしてくれるはずです。

        ハーマン社は、元は薪ストーブを主体に生産していましたが、現在は8:の割合で                      

        ペレットストーブが主役になっています。私も注目してしまいました。

        ペレットストーブの王様の品格をもっています。


リ・ゼネレイト

「温故創新」
積み上げられた経験や技術のノウハウを礎に、更に新しい風土を引き起こし生みだしていくという姿勢。