社長挨拶

企業理念

当社は、エコロジー(自然・調和)を意識し ’三永でなければ’ と信頼される企業であること。
そして、社員の生活を守り、水 熱 空気 空間づくりを通して人々の日常生活をゆたかに、地域社会を元気にすることが使命であると考えます。

 

 行動指針 <三永ブランドの確立>

  1. 信 頼  責任ある行動
  2. 協調性  組織能力の向上
  3. 調 和  バランス感覚
  4. 創造性  常識にとらわれない発想と提案力
  5. スピード 敏速な対処と対応
  6. ユーモア 品のよいあそび心

ごあいさつ

 

img_company

「三永」の由来は、創業者三人が力を合わせ、永遠に続くような会社であってほしいという願いが込められていると聞いております。昭和47年の創立から多くの皆様方の“おかげ”をいただきながらやってこられたことにただただ感謝をするばかりです。

多くの紆余曲折を経験し、今新たな時代に立っております。先のことは見えにくいのですが、様々な変化に正面から真摯に向きあっていく所存です。

社員一同襟を正し、会社組織としての能力の向上と敏速な対応力、また他の業種とのコラボレーションをすることで新しい提案やアプローチをしていきたいと考えています。そんな意味も込めて、会社敷地内にある古民家の一角を改修し「道縁庵」と名付けました。分かりやすく言うと、いろいろな人が出会う場所、そこでの縁が時代に対応した化学反応を起こす場所になったらと考え、そんな願いを込めた場所なのです。ビジネスに限らず、文化や講座、など地域に開かれた場所であると考えてください。仕事を通してみなさまの豊かで快適な日常生活の一助になることができればと考えております。

また、日本は木の資源の3%しか使っておらず97%もある資源大国であり、まさに田舎の山は宝の山なのです。この資源を活用する一つの取り組みとして、ペレットストーブの普及も行っています。油燃料と比べてもペレット燃料は充分に採算が取れる価格になっております。中東へお金を払うより地元の山へ燃料費を払いませんか。地域の人が地産地消にこだわり、まちの中でお金が回りだすと地域の雇用が増えまちの元気に繋がると夢みております。そのためには、多くの方の理解と協力がなければ成り立ちません。

当社も、地域にとって必要とされる企業になれるよう更に精進してまいりますので、今後とも変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。

 

                                                  20160805150027_00001

 

 

リ・ゼネレイト

「温故創新」
積み上げられた経験や技術のノウハウを礎に、更に新しい風土を引き起こし生みだしていくという姿勢。